ページの先頭です

子ども×若者×おとな もっとおもしろい奈良をつくる100人会議

[2018年6月22日]

ID:8656

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講座名

子ども×若者×おとな もっとおもしろい奈良をつくる100人会議

講座名(ふりがな)

こども わかもの おとな もっとおもしろいならをつくるひゃくにんかいぎ

内容

いまの奈良も悪くないけれど、もっと魅力ある奈良、そして将来も住み続けたいと思える奈良に必要なものとは?

みんなが一人の市民として、「子ども」「若者」「おとな」で、もっとおもしろい奈良のまちづくりを考えませんか?


 《 講演とワークショップ 》

子どもとおとなが協働しておもしろいまちをつくる

子どもの参画による子どもにやさしいまちづくりを奈良で考える


 《 募集チラシ 》

http://manabunara.jp/cmsfiles/contents/0000008/8821/8656_jisedaiChirashi_A4.pdf(別ウインドウで開く)

日程

2018年6月24日(日)

時間

13時30分~16時30分

※終了後、17時~同会場で交流会を開催します。
 詳しくは【備考】欄をご覧ください。

講師

千葉大学大学院園芸学研究科 教授 工学博士(地域計画) 

木下 勇(きのした いさみ)さん


 《 プロフィール 》

東京工業大学で建築を学び、1980年からワークショップを活用した住民参加、子ども参画のまちづくりを進める。
三世代遊び場マップおよび図鑑づくりの子どもの遊びと街研究会主宰。
(社)農村生活総合研究センター研究員を経て、1992年より千葉大学園芸学部に勤め、現在に至る。
2013-14ユニセフChild Friendly Cities(子どもにやさしいまち)国際諮問委員会委員。
(社)こども安全まちづくりパートナーズ理事。
(社)こども環境学会理事・副会長。
日本学術会議連携会員・子どもの成育環境分科会会長。
著書に『ワークショップ~住民主体のまちづくりへの方法論』(学芸出版)、『遊びと街のエコロジー』(丸善)、『こどもがまちをつくる』(共編著、萌文社)など。
日本都市計画学会石川賞、日本建築学会教育業績賞、グッドデザイン賞(2017)など受賞。
国や地方公共団体などのまちづくりや市民参画に関する各種委員会の委員長などを歴任。
奈良市では、奈良市子ども条例検討委員会副委員長(2012~2014年)。

主催

(公財)奈良市生涯学習財団

奈良市


 《 共催 》

子どもの参画ネットワーク奈良

[参加団体]

特定非営利活動法人 奈良NPOセンター

特定非営利活動法人 奈良情熱学校

株式会社 Women's Future Center

会場

会場名

3階 学習室1・2・3

対象

奈良市在住・在勤・在学の中学生・高校生・大学生・おとな

※小学生の同伴可。

※託児の申込受付は締め切りました。

募集人数

100人

料金等

無料

※ただし、交流会への参加には300円が必要です。
 詳しくは【備考】欄をご覧ください。

申込方法

「参加申込」フォームまたは往復はがき(講座名、〒住所、名前・ふりがな、電話番号、年齢をご記入)でお申込みください。

※2017年6月1日(木)から往復はがきの料金が改定されました。
 往復はがきは、往復分とも、必ず62円にしてください。

※託児の申込受付は締め切りました。

※現在、先着順で受付しています。(定員に達し次第、申込受付を締め切ります。)

交通案内

・JR奈良駅東口から南へ徒歩約10分

・近鉄奈良駅からは、市内循環内回り、またはシャープ前・白土町行きの奈良交通バスに乗車し、大森町バス停で下車、徒歩約3分


※駐車場が限られていますので、公共交通機関の利用にご協力ください。

駐車場有無

あり

写真

地図

備考

※小学生の同伴可

※託児の申込受付は締め切りました。

※終了後、17時~1時間程度、同会場で、交流会を開催します(参加費:300円)。
 軽食と飲み物を準備しますので、交流会への参加を希望する方は、「参加申込」フォームの「10.備考」または往復はがきに「交流会参加希望」とお書きください。



参加申込

お問合せ

子どもの参画ネットワーク奈良 事務局((公財)奈良市生涯学習財団事務局内)
住所: 〒630-8357 奈良市杉ヶ町23番地 奈良市生涯学習センター内
電話: 0742-26-5600 ファックス: 0742-26-5602

子ども×若者×おとな もっとおもしろい奈良をつくる100人会議への別ルート