ページの先頭です

館長が語る(田原公民館)

[2015年5月1日]

ID:5893

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

田原公民館館長 泉森 由貴(いずもり よしたか)

大和高原の西に位置する田原地区は、人口約1800人が暮らす風光明媚な集落です。

標高約400メートルの高地にあり、盆地に比べて夏は涼しく、冬は銀世界が広がることもあります。



地区内は19町に分かれ、子どもたちが通う学校は小中一貫教育の田原小中学校です。

幼稚園、小中学校は併設されており、付近一帯は「どんごが丘」といわれる小高い丘陵になっています。

校歌、園歌には「茶山」という言葉が必ずでてくるほど、田原はお茶づくりを主要産業として発展してきたところです。

地区内にはお茶畑が広がり、新緑の季節は美しい茶山がその輝きを放っています。

快晴の茶畑

田原公民館に赴任して1年が経ちました。

最近は昼休みの時間を利用して田原全体をサイクリングしています。

すると自転車でしか行けないような新しい道を発見したり、公民館の来館者の方の日常に出会うことができます。

田原の魅力は語りきれませんが、ここの景色は最高です。

そんな日常の一部を切り取ってみました。

たわわに実った柿と私の自転車

獣害対策 猪の仕掛け

凍った田と霜柱

地区内には奈良市指定の「田原やま里博物館」が点在し、観光の拠点となっています。

http://narashikanko.or.jp/pamph/pdf/tawara2015.pdf 

さて、田原公民館はそんな地域の中央部に位置し、田原全域からのアクセスが非常によいところです。

また、JR奈良駅、近鉄奈良駅からも車やバスで20分程度の距離にあります。

自然の恵みをいっぱいに受けられる田原では、ここでしかできない事業に取り組んでいます。

事業の募集や受講した皆さんの声、地域の情報などを、毎月発行の「田原公民館報」でお知らせしています。

こちらもご覧ください。

http://manabunara.jp/soshiki_view.php?so_cd1=7&so_cd2=0&so_cd3=0&so_cd4=0&so_cd5=0&bn_cd=13

 

2015年度は、「田原ファン倶楽部」「田原まち創り講座」「田原やま里絶景ウォーク」など、素晴らしい環境を活用した事業展開を考えています。
特に「田原まち創り講座」ではこの地で話されてきた方言を調査し、後世に残していくお手伝いができればと考えています。

田原公民館の事業にどうぞご期待ください。

田原公民館 職員

後列 瑞徳那美子  平古力三
前列 吹ノ戸由実子 泉森由貴
2015年度の田原公民館職員です

今年もたくさんの笑顔に出会える公民館をめざします。

職員一同お待ちしています。 

[2015年4月]


館長が語る(田原公民館)への別ルート