ページの先頭です

施設長が語る(田原公民館)

[2012年4月1日]

ID:3098

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

田原公民館施設長 平古 力三 (ひらこ りきぞう)

JR・ 近鉄奈良駅からバスに揺られて30分、四方を山に囲まれ緑豊かな大和高原に、私達の「田原公民館」があります。

山あいには水田と茶畑が広がり、6月には蛍が飛び交うとても美しい「田原の里」です。

約30年前には、日本最古の歴史書「古事記」の編さん者「太安萬侶(おおのやすまろ)」の墓誌が発見され、多くの

歴史ファンを釘付けにしました。 今年は「古事記」編纂1300年に当たり、さらに脚光を浴びる年となるでしょう。

秋には公民館で「古事記の編纂者 太安萬侶の墓に迫る!」を開催します。

また、地域の伝統の技や文化が見られる「田原やま里博物館」 は、仕事場や生活の場がライブの博物館として

体感できます。(見学される場合には事前連絡が必要です)

いつも多くの方々が、四季折々の豊かな自然や歴史を感じながら「やま里博物館」を巡り、

地域の皆さんとの交流を楽しまれています。 

特に田原公民館では、地域の特性を活かした講座作りに取り組んでいます。 皆様のご参加をお待ちしています。

田原公民館施設長 平古 力三 (ひらこ りきぞう)

田原の四季を体感しにお越しください♪     

写真提供 久保田 秀典 氏  (2010年 平城遷都1300年記念 入江泰吉賞 受賞)

春 茶畑朝景

夏 三姉妹

秋 ススキの道

冬 新しい朝

[2012年4月]


施設長が語る(田原公民館)への別ルート